058121

(旧)水槽日記@静音冷却


[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  • 管理人の水槽の状況を書き綴った日記です。
  • 投稿はできません。

2004/02/22  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/22(Sun) 23:12 ID:n3gOdizI No.31 HomePage 引用

皿式ではなくて普通に沸かしたところ、きちんとふ化率が80%くらいあった
ようです。どうやら皿式では卵が底に沈んでいて酸素がいきわたってなかった
ようですね。塩分濃度が高めで酸素の溶存度が少なかったということも
考えられます。どっちにせよ卵は悪くなかったのでよかったです。
皿式をうまく使うにある程度の攪拌が起きるようにしたほうがよさそうです。

いつも少ししか沸かしてなかったのですが、今回は0.8g分も沸かしてしまったので
冷凍保存します。

写真はそのふ化器です。二つのキスゴムで固定されていて、発泡スチロールは
キスゴムが外れたときの転倒防止用です。その上のアルミ箔はエアーレーションによる
塩水が飛び散って水槽内に混入するのを防ぐためにかぶせています。

[ メイン水槽 ]
硝酸塩濃度の増え方は緩やかなのかもしれませんが、水草も入っているので
それが砂糖添加によるものなのかもわからないぐらいの効果です。
ですから、添加量を今までの2倍の1ccにしました。まだ増やしてもよさそうですが
酸欠と白濁が怖いのでとりあえずこの程度にしておきました。

コケの中で一種類だけ新芽を出して伸びているのがあるみたいです。見た目は
非常にウィローモスに似ていますが、葉の付き方が扁平でなく全方向に付く
タイプなのでおそらくハイゴケ科だと思われます。別の種類のコケにまぎれて
いたやつなので少量で、実際はどのくらい元気があるのかはっきりわかりません。
ですから、それだけ取り出して水槽の中のケースに入れておきました。

<データ>
砂糖:1cc
NO3-:25mg/L
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
久しぶりに液肥を入れてやったらモスが少し元気になったように見えます。
たまにやるくらいの方がいいみたいです。

ミナミの数を数えたら100匹は軽く超えていたみたいです。そろそろ水槽の
収容量の限界に来ていると思われます。ミナミどうしようか・・・

<データ>
砂糖:1cc
NO3-:12.5mg/L
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
また硝酸塩濃度が0になりました。ですのでこれからは二日に一回0.5cc添加し、
様子をみてから入れる量を決めていこうと思います。
それにしても、硝酸塩が0っていうのは計測したときに奇妙な感じがするものです。

<データ>
砂糖:なし
NO3-:0mg/L
白濁:なし


2004/02/21  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/21(Sat) 23:40 ID:WNfKQxfM No.30 HomePage 引用

ウィローモスに液肥をやったら早速効果があったのか新芽が出てきていました。
南米ウィローモスは乾燥気味でかれているところがありました。

結局未ふ化卵もそんなにはかえりませんでした。やっぱり皿式がいけない
のでしょうか。シュリンプエッグの袋に書いてあった「03.07.02」の文字が
もしかすると品質保持期限であってそれをずっと過ぎているということも
考えられます。何はともあれまず普通の方法で沸かすべきなんでしょうね。
そこで今日から普通のやり方で沸かしてみます。500mlペットボトルに0.8gの
卵を入れました。卵がぐるぐる回っています。

ちなみに、こうしている間に皿式ふ化器は3代目になりました。今度はかなり
しっかりしたいれものなのでこれに落ち着きそうです。

[ メイン水槽 ]
庭にあった前沈めたのと同じ草花を沈めました。以前沈めたのが調子が
よかったからです。他のコケたちも枯れたり黄色くなったりしていません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/20  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/21(Sat) 00:05 ID:JYXH7idY No.29 HomePage 引用

[ メイン水槽 ]
漂白剤で処理した卵もあまりふ化率はよろしくないようです。
あと考えられる理由は、「皿式」がうまくいってない、卵自体が悪い、塩分濃度が
おかしい、のどれかです。ひとつずつつぶしていくしかありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
25匹くらいいますね。あんまり食べないと思っていましたが、意外に食べている
みたいです。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/19  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/19(Thu) 23:47 ID:WGSOZRCI No.28 HomePage 引用

皿式のブラインがうまくいってないみたいなんで、漂白剤で脱殻処理を施しました。
これをすると卵がオレンジ色になりました。これならそのままで食べるかなと
思ってランプアイにやったんですが完全に無視されてしまいました。
ブラインに慣れるとふ化したのしか食べないのかもしれません。未ふ化卵を
やっても口にしようとしないんでそういう点ではありがたいんですがね。

ウィローモスと南米ウィローモスを比較するために、顕微鏡で観察しました。
葉っぱの違いとしてはウィローモスが単鋸歯なのに対して南米ウィローモスは
全縁でした。
また、ウィローモスは葉の先が少し細くなっていますが南米の方は比較的全体が
丸みを帯びていました。
細胞のサイズが南米の方が大きいためか、葉っぱ、仮根ともに南米の方が大きめでした。
ウィローモス、ジャワモス、南米ウィローモスの比較がしたかったのですが、
うちには2種類しかなかったのが残念です。

ウィローモスにはいくつもケイソウが付着していました。

[ メイン水槽 ]
チョコグラにあまったブラインをやりました。それにしても他の奴らが横取りして
しまうので困ったものです。

電磁弁の気密性アップを狙ってばねを引き伸ばしたのはいいんですが、
音が大きくなってしまいました^^;シャーってばねがこすれるような
音がするんです。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
今日ランプアイの稚魚を数えたら、20匹以上はいました。だいぶ増えましたね。
ブラインもそこそこ食べています。ただわーっと集まってくるというほどでは
なく、目の前に来たら食べるって言う程度なんですね。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
なんとなく魚の色があやしいです。このまましばらく様子見です。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/18  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/18(Wed) 23:32 ID:m5pddqNQ No.27 HomePage 引用

南米ウィローモスを鉢のかけらに活着しました。普通のウィローモスとは
違い、細かく刻まずに活着させました。表裏をきちんとみて、ぴったりくっついて
重なることがないようにしたのでうまく付くと思います。

[ メイン水槽 ]
未ふ化卵をそのまま入れていたらさらにふ化していました。ふ化に時間がかかるということは
温度が低いことが考えられますがきちんと水槽に浮かべているのでそれはないと
思います。卵が古いのでしょうか?

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
ブラインシュリンプをはじめて与えました。さすがに生餌というだけあって
テトラミンよりはくいがよかったです。しかし、そんなにたくさん食べていた
という印象はありません。個体が小さいからかもしれません。

ウィローモスを活着させるために密閉容器に入れていた分をいくつかこちらの
水槽に沈めました。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/17  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/17(Tue) 23:53 ID:get19F5g No.26 HomePage 引用

あまりにみんな呼吸が苦しそうなので電磁弁による夜間エアーレーションを
することにしました。
そのために、リレーと電磁弁を用意しました。リレーは400〜500円でAC100V用
があるのですが、AC200V用だと特価品で50円であります。これを使わない手は
ありません。AC100Vを昇圧すれば使えるようになりますが、はっきりいって
それではせっかく安く仕入れた意味がありません。そこでリレーを改造しました。
リレーの構造は、電圧がかかっていないときはばねでスイッチが引っ張られていて
電圧がかかるとコイルの電磁力によってスイッチが切り替わるようになっています。
AC200V用にとりあえずAC100Vを印加すると、ジーと音は出ますがパワーが
足りていないように見えます。そこで、ばねの力を減らすためにばねに針金を
取り付けて伸びが小さくなるようにしました。これでAC100Vで使えるようになりました。
電磁弁には直接導線をハンダ付けしています。本当はそれようにつなげる
端子がほしかったのですが今日完成させたかったのでこうなりました。
配管にはジョイントを使いました。径が違ったのは、エアーチューブをライターで
熱してそれをねじ込むことで結構な気密性を出せました。むしろ弁の気密性が
悪いのでどうにかしたいです。分解して油を塗りましたがちょっとしか効果は
ありませんでした。ワセリンみたいなものを塗れば解決するでしょう。

[ メイン水槽 ]
皿式ですが、何かうまくいってないみたいです^^;極端にふ化率が悪いのです。
底ががたがたしてるのでたまってしまってふ化率が下がっているのかもしれません。

エアーレーションを開始したので砂糖添加を再開することにします。

<データ>
砂糖:なし
NO3-:25mg/L
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:25mg/L
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
一匹☆になりました。前日の換水によるpHショックが原因でしょうか。
他の魚に影響がなければよいのですが。

産卵床をシュリンプ水槽のと取り替えました。取り出してみただけでも何個も
卵が付いていました。で、取り替えた方はウィローモスとAn.ナナの活着木炭
なんですが、このナナが非常にきれいな形をしておりました。

<データ>
砂糖:0.5
NO3-:10mg/L
白濁:なし


2004/02/16  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/17(Tue) 00:13 ID:Fu.pHFIo No.25 HomePage 引用

全水槽を換水しました。テトラコントラコロラインが実は意外に安かったので
衝動買い的に買ってきました。今まで一度もカルキ抜きは入れてなかったのですが
今日は入れてみました。

[ メイン水槽 ]
チョコグラ3匹入荷です。元気に育ってくれれば計5匹になります。
繁殖も狙えそうな気がします^^

皿式のブラインふ化器が水面に浮いています。これは保温も出来るし、転倒する
可能性はほぼゼロであると言っていいと思います。ですからとても便利な
ふ化器であります。ふ化が待ち遠しいです。

[ シュリンプ水槽 ]
確認しただけで11匹はいました。餌はブラインシュリンプエッグスを与えたいのですが
まだ沸いていないので今日は取り合えずテトラミンベビーをぱらぱらやりました。
あんまりすきそうじゃないですが、ちょっとは食べたみたいです。
はじめてエビの死体をこの水槽で発見しました。換水による影響でしょうか。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
pHがまだ7.5ありました。まぁ前よりかましになったし、そのあと換水している
のでさらに下がっていることでしょう。

<データ>
砂糖:なし
NO3-:--
pH:7.5
白濁:なし


2004/02/15  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/16(Mon) 01:02 ID:yjEfdXdY No.24 HomePage 引用

[ メイン水槽 ]
砂糖添加は中止しました。

[ シュリンプ水槽 ]
そろそろブライン沸かしたいところです。ペットボトルでハッチャーを
作ったのですが、「皿式」を実際は導入することになりそうです。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/14  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/14(Sat) 23:55 ID:5rYF.HX6 No.23 HomePage 引用

ついにサーモスタットの実験に成功しました!後はユニバーサル基盤に
組み込めば完成です。
まだ色々テストしたいので実際には組み込まないつもりです。

[ メイン水槽 ]
砂糖添加が原因なのか、酸欠気味でした。魚は鼻上げしていました。それに
酸欠に弱いとされるエビも水面近くに集まっていたので酸素不足であることは
間違いないと思います。
エアーレーションするとCO2が逃げるのでとりあえず砂糖添加量を減らすことに
しました。というか、添加しなくてもよかったですね^^;

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
今日はランプアイの稚魚がさらに増えて、7匹確認しました。
壁にうじ虫のようなナメクジのような体長1ミリの生物がいました。
プラナリアでしょうか・・・それにしても動きが早かったです。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
特にありません。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

2004/02/13  投稿者:webmin@管理人 投稿日:2004/02/14(Sat) 00:29 ID:5rYF.HX6 No.22 HomePage 引用

[ メイン水槽 ]
庭にあった、三種類のコケとテントばえしていた草花を一種類メイン水槽に
入れました。水中化するといいんですけどね、だめもとです。
砂糖添加量を増強しました。

<データ>
砂糖:1cc
NO3-:--
白濁:なし

[ シュリンプ水槽 ]
ランプアイがさらに増えて4匹になりました。卵も3〜4つは発見したので
まだまだあると考えられます。期待できますね〜^^
かびた卵をランプアイ水槽から持ってきてやると、シュリンプが中身を
のこしてカビだけをきれいにお掃除してくれるんです。いい奴です。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[ ランプアイ水槽 ]
メイン水槽のランプアイを全部こちらに移動しました。卵は何個か産んでいる
ようです。かびていたので思わずメチレンブルーを入れてしまいました。
酵母菌に影響がでるかもしれません。一応、夜には色は消えていたので
大した影響はでそうにないですが、かびた卵はほうっておいた方がよさそうです。

<データ>
砂糖:0.5cc
NO3-:--
白濁:なし

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note + YY-BOARD + alpha -

- Joyful Note -
enhanced by [静音冷却]